首イボの治療法は?いくつかあります

首イボ,治療法,自宅,クリアポロン,艶つや習慣,シルキースワン

首にイボの治療法はいくつかあります。
ココではまず代表的な治療法をご紹介したいと思います。

 

液体窒素を使った冷凍療法

液体窒素は-200度と超低温。その液体窒素で冷却した特殊なピンセットでイボを凍結させます。
凍結した部分は黒くかさぶたの宵になり、そのうちぽろりと落ちていきます。
お医者さんへ行ったとき、よく行う治療法ですね。

 

炭酸ガスレーザー

イボの組織を瞬時に蒸発さて治療する方法です。

 

はさみでイボを切り取る
ちょっとしたイボならはさみで切り取ることができます。
自分でもできそうと思って行わないでくださいね。
あるときは必ずお医者さんにお願いしましょう。

 

手術出切り取る

大きなイボなどは手術でイボを根も能登から切り取ると言う方法があります。
局所麻酔を使用した簡単な呪術です。

 

基本的には医療機関でお医者さんにお願いして行うのが良い方法です。

 

 

もちろん自宅でのイボケアの方法もあります。

首イボを自宅でケアする方法

自宅でイボのケアをするならイボに効果のあるものを塗ると言う方法が一番です。
昔からイボにはハトムギが聞くと言われてきました。

 

最近はそのハトムギの皮をむきその中から取り出した親の部分から抽出した
「ヨクイニン」という成分がイボに効果的なんです。

 

ハトムギ、ヨクイニンは漢方薬になっています。
つまり、東洋医学では以前からヨクイニンはイボや肌のケアに良いと知られていたという訳です。

 

では、ヨクイニンが配合されている商品はいったい何がオススメなのでしょうか?
ヨクイニンが配合されている
イボケア、ボディークリームをランキング形式でご紹介します。

 

 

ヨクイニンが効果的!イボケアクリームランキング!

 

クリアポロン

 

首イボ,治療法,自宅,クリアポロン,艶つや習慣,シルキースワン

商品名 クリアポロン

内容量 60ml(約1ヶ月分)
価格 
通常価格 6800円【税抜】
定期購入コース
初回特別価格 1800円【税抜】
2回目以降価格 5440円【税抜】
送料無料
特典
奇数回にピール石鹸「フルーツの雫」をプレゼント
180日間返金保証(初回分のみ)

 

毎月500名限定

 

特徴
クリアポロンは今人気のボディーケアジェル。

 

 

艶つや習慣

 

商品名 艶つや習慣
内容量 120g(約1ヶ月分)
価格 
通常価格 4014円【税込】
定期購入コース(艶つや定期便)
初回特別価格  2052円【税込】
2回目以降価格 3283円【税込】
送料
初回送料 630円
2回目以降 送料無料

 

 

シルキースワン

 

商品名 シルキースワン
内容量 20g×2個(約1ヶ月分)
価格 
通常価格 9800円【税抜】
定期購入コース(毎日つるるんコース)
初回特別価格  2980円【税抜】
2回目以降価格 5400円【税抜】
送料
初回送料 630円
2回目以降 送料無料
特典
ぽろろんクリアジェル

 

先着100名様限定

首イボケアにオススメ「クリアポロン」を詳しく紹介

首イボ,治療法,自宅,クリアポロン,艶つや習慣,シルキースワン

後日

首イボはどうしてできるの?

首にイボができてしまう。どうしてできてしまうのでしょうか?
原因はいくつかあります
イボができる原因は大きく分けて3つあります。

一つ目はウイルス性のイボ
二つ目は老人性のイボ
三つ目は摩擦によるイボ

 

ウイルス性のイボはヒトパピローマウイルスの感染で発症します。
ヒトパピローマウイルスは人の身体にあるウイルスで、傷口などから感染して
イボになってしまいます。
このイボは医療機関で治療しないと治りませんのでご自宅でどうにか直したいと思うよりも
素直に医療機関へ行かれることをオススメします。

 

老人性のイボは紫外線を多量に浴びて肌が劣化し、シミができるそれが膨らんでイボになるものを言います。
また、首回りの多くのイボは摩擦により肌が傷められ、角質が盛り上がりイボになっていくことが多いのです。

 

首にできるのは老人性のイボか摩擦によるイボのどちらかが多いのです。
こちらはご自宅でもケアができるイボになります。

 

ウイルス性のイボは医療機関へ
首回りのイボの多くは自宅で治療できます。

 

 

ご自宅でイボのケアをするならヨクイニンが配合されている、もしくは杏子エキスが入っているクリームやジェルを使用するのをオススメします。

 

 

 

 

 

イボの種類と見分け方

イボの種類の見分け方をご紹介します!

 

 

首イボケアに効果的な成分とは?

ヨクイニン
ハトムギエキス
杏子オイル
ドクダミエキス

 

 

そのほかのイボの除去方法

イボの除去法ですが先ほどご紹介した方法以外の
やり方があります。
簡単に説明するとどちらもイボを切り取る感じになります。
正直に言いますとご自身で行うのはオススメできません。

 

はさみでイボを切る

イボの治療法として古典的なのがはさみで切り取ると言う方法。
しかし、はさみで切り取るときに中途半端にイボを切り取ると
より、ひどくなることがあります。
肌が傷められると肌が皮膚を強く使用して
多くの皮膚が作られます。
それが盛り上がり余計イボになる可能性もあるのです。
また、間違ってウイルス性のイボを切り取ると
そのウイルスが周辺に散らばり、イボを広めてしまう可能性もあるのです。
はさみで切ると言う判断はご自身でしないようにしてください。
必ず医療機関に判断を仰ぎ、医療機関で施術を受けることを強くお願い致します。

 

ピンセットで取る

イボをピンセットで取ると言う方法もあります。子供がプールへ通っていると、コーチに月1くらいで水いぼ検査をされたりします。水いぼがある場合はその場でピンセットで取って消毒液で消毒し、絆創膏を貼って練習に参加する。なんてことをしていたりします。
でも、これもあまりオススメできません。
水いぼは本当にごく小さなイボ。ピンセットで切り取れますが。首にできたイボはそれ以上に多きことがほとんど。
ピンセットで取る際に非常に痛みを伴う可能性があります。
また、首にイボができている場合は結構量が多くできているときもありますよね。
それを一つ一つピンセットで取ると言うことは・・・
気が遠くなる、痛みが続く。もしかすると他にイボが移るかも知れない。

 

それを考えるとピンセットでイボを取るのもオススメではありません。

自宅でイボケアをするなイボケアできるクリームかジェルを使いましょう。

後日